今週より解禁されたG級クシャルダオラについて。

mhf_20160616_222145_003


小部屋さん が早々に肉質公開して下さったので自分なりに攻略してみました。

amarecco0024

まずは肉質から。
原種などと違い流石に翼はコン対策されてる模様。しかしながら頭と尻尾は原種剛種と同じく良く通る仕様になってますね。
ナズチや金ジョーのように全ての部位に属撃が乗る訳ではないので属性特化でも基本は頭と尻尾狙いになる立ち回りは変わりないですよね。

風纏い時は属性は更に通り易くなるが物理の肉質が少し硬くなる模様でっす。

amarecco0025

毒がかなり通るようです。爆破も通るみたいですね。
昨夜毒変撃2人のペアで数戦したのですが、確かに楽でした。
一応確認しましたが、ダウン時と状態異常中は風纏い解除できるので今回は毒変撃装備をメインにチャレンジしています。

mhf_20160616_202310_192

毒の効果時間が終わったらこのような毒を出すモーションが(((( ;゚д゚)))

mhf_20160616_221304_717

麻痺に至っては拘束後飛び上がり→着地で大ダメージを食らいましたw
睡眠は未確認です。
しかしながら麻痺も着地後数秒はダウン取れるし、反撃をガマンできればメリット多いので良いですよね。


・立ち回りについて

まず準備しておきたアイテムはコチラ

mhf_20160616_220924_420

砂漠でランダム位置からのスタートになるのでPTで行く際は復帰玉があると便利です。
クシャが移動したときもBCに戻って移動した方が早い事が多いので戻り玉の持参を推奨します!

迷子玉についてはグークのお守りを所持した状態で使用すると秘境に行ける仕様になってます。即ち砂漠の場合は初期位置から次に移動するMAP(5)にスっと移動できるのでとても便利です(*゚▽゚*)

あと、HC個体で気を付けないといけないのが怒り時の咆哮で防御ダウンを食らったとき。

mhf_20160616_222645_721

ジョーのヨダレ同様で食らうとキャラには湯気が、名前の右にアイコンが出てるのが分かると思います。
これは防御ダウンの状態異常を食らっているのでステータスはこんな感じに変化しています。

<食らう前>
mhf_20160616_222612_164

<食らったあと>
mhf_20160616_222651_222

単純に防御半減ですね。
これ食らったら後々の展開がかなり痛くなるのですぐに回復しておきたいところ。
数分ガマンしたら自然回復するんですが、忍耐の種or忍耐の丸薬を使用することで強制的に治す事が出来ます。
忍耐の丸薬はアイテム使用時のガッツボーズが省略できるのでオススメ!

無効多種や鉄面皮などを入れて対策してみても良いかも知れないですが、超難関でもないですし個人的にはスキル枠削ってまで対策するほどでもないかな。
他にも広域+忍耐の種や硬化笛、笛の旋律で防御UPを吹けばPT全員解除できますが基本は自分の身は自分で守りましょう!

・補足!
HC個体での閃光玉は定番のアレが待っています。
また、無属の六華も閃光玉と同じ効果があるので撃つ際は充分に注意したほうがいいですw


・最後に!
求人区がまだ機能していたHR時代、バールダオラを作る為に剛クシャ部屋に籠っていた頃を思い出せて楽しいですw
即死級ブレスなど、当時は根性スキルを入れる枠も無かったのでかなり苦労したのを思い出します。
HCクシャが倒せなくてランスなど好きな武器種以外のモノを使うようになったのもクシャがきっかけかも。

G級個体も即死級の追加モーションが多く、竜巻がかなり挙動不審ですね。
某動画主の動画にて一部の間で有名になった「王者の風格」も確認できました(☆゚∀゚)

今回の記事については、毒変撃でなくても毒武器を使うだけでも充分効果あると思いますし、
他にも色々攻略はあると思います。
一例として参考にして頂けたらと思います(*゚▽゚*)